井戸掘りで水を手に入れよう【天然ウォーターで快適ライフ】

man

施工方法によるメリット

重機

現代において、井戸掘りを行うにあたっては様々な方法を選択することができます。それは大きく分ければ3種類に大別できて、予算や状況などの条件から様々に方法を選ぶことが可能です。一つは、打ち抜き井戸や打込み井戸と呼ばれるパイプを地中に打ち込むことで地下水に到達する方法です。そして、掘り井戸と呼ばれる方法があります。掘り井戸の場合は、直径が2メートル前後の穴を掘って、その穴を石やコンクリートなどで補強しながら掘り進めます。工事中に崩落することがないようにこのような方法で補強しつつ、地下水脈に到達するまで井戸掘りを行い続ける方法です。水脈が浅いとみられるところに採用される方法が、この方法です。また、水脈が遠いと考えられるときや地表の影響を受ける可能性がある場合はボーリングマシンによる掘削を行います。深さ30センチ未満のものを浅井戸、それを超えるものを深井戸と呼んでいて、より精密な掘削を行うことが可能です。

井戸掘りをしたあとにトラブルに見舞われる場合があります。水の出が悪くなったり、水垢や匂いが気になるようになってきた場合は井戸の汚れがかなり発生しています。同じように汚れが想定できる状況として、砂が上がってきたり異物が混入したり、またポンプに異音や故障が認められる場合もメンテナンス対象だといえます。井戸掘り業者に依頼して、手を施してもらいましょう。また、アフターフォローを提供している業者を利用していれば、無料でメンテナンスをしてくれます。